残しておきたい雑談がある

リニューアルしたなぽりんブログ。(日常報告よりちょっとまとまったネタ)

アリエナイ医学辞典を読んだ

亜留間次郎著。
とても役立つほんであり、創作やデマを脳内訂正しておくのに役に立つ興味深い本だった。

ただしいくつか訂正しなければならないことがある

ひとつめ

p110-112カルテ024 医療特許とはなんぞや について
・特許分類は出願人が分かる範囲でつけたものを特許庁の役人(審査官)がつけなおしています
・特許査定される前の特許は出願中なので、効果がない「発明」がまじっています。つまり特許公開公報に乗っている「発明」の大部分は効果がなくて当たり前です(出願人が出願時点でそう主張していましたよというだけのことが書いてある明細書で、お墨付きがまだでてません)
・グルコサミンの番号はおそらく出願日でありJ-Platpatで該当するものがでてきませんでした
・この項目については全体的に勘違いが多いです(医学生知的財産権の授業をうけないのであたりまえですが)。弁理士(医学)に一度みてもらえればよかったのではないかとおもいます。
 

ふたつめ

カルテ040 ドラム缶ビールで鉄分過多に!
「バンツー鉄血病は、1日あたりの鉄摂取量が約100mgを超えた場合に発生し・・・」
とあるが、おそらくこれは単位が間違っていて約100mg/kg・day(つまり体重あたり、1日あたり)である。体重60キロの成人だったらその12倍ほどのむまで大丈夫であろう。市販の貧血用鉄サプリメント剤は1粒240mgである。この記述を信じると貧血の人でもサプリは怖くて一粒も飲めないと思うであろう。
根拠はこちら
厚生労働省eJIM | 鉄 | サプリメント・ビタミン・ミネラル | 医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト

サプリメントや医薬品から20 mg/kgの鉄を急性摂取すると、特に食物と同時に摂取しない場合は、胃部不快感や便秘、悪心、腹痛、嘔吐および失神を起こす可能性がある[2,5]。

1983~2000年に43人以上の小児が高用量の鉄(体重kgあたり鉄36~443 mg)を含有するサプリメントの摂取によって死亡した

(下線はなぽりん)
60キロの人として1200mg/dayくらいはとっていい。