残しておきたい雑談がある

リニューアルしたなぽりんブログ。(日常報告よりちょっとまとまったネタ)

evernoteローカル保存はwordで一応解決できそう

ツイッターマニアです、スクラップさせてください。 - 残しておきたい雑談がある
またEvernoteとツイッターの話してる - 残しておきたい雑談がある
evernoteローカルデータを削減する - 残しておきたい雑談がある
の続き。なおすべてウィンドウズパソコン前提です。

エヴァーノート(以前から有料プラン)につめこんだノートがだいぶ増えた(バックアップファイルが23ギガくらいあるみたい)。そのせいかクロームで多窓してると以前のノートが読み込めなくなってフリーズしてないけど続きも書き込めない状態になった(有料プランなのに)。多窓閉めてウィンドウズを立ち上げ直すとだいたい治るけどクロームとメモリを食い合ってるらしい。とてもめんどくさい。
そういうときwordにコピペをとる。あとでエヴァ―ノートにいれる前提で。
だけどこれもうエヴァ―ノートはインデックスでwordがもっとも正しい保存方法なのではと思うにいたった。そんなときにこれをみつけた
Evernote からエクスポートした HTML を Word 文書に一括変換する方法を調べてみた - 風柳メモ
GitHub - furyutei/EvernoteHtmlToWord: EvernoteからエクスポートしたHTMLをWord 文書化
 
以前も書いたかもしれないがevernoteの各ノートを「単一の文書」形式でエクスポートするとhtmlになる、が、単一といいながらhtnl文書と画像ファイルフォルダが一つずつできてめんどくさい。ウィンドウズデスクトップでhtnl文書をつかんでデスクトップゴミ箱アイコンにドラッグするといっぺんに2行消えるくらいには連携してるけど、ファイルを開かずにhtnlだけリネームすると画像ファイルがひらけなくなる程度には連携してないのでめんどくささの極み。当然、一度自動生成されると内部の書き替えもめんどくさいことになる(htmlソース見ないとめちゃレイアウト崩れる)。
なのでevernoteのノートを本当に単一のwordにしてくれるのなら閲覧性も加工性も上がるしそれにこしたことはない。なにこれ便利じゃね?っていれてみたわけです

使い方(自己責任でどうぞ):GitHub - furyutei/EvernoteHtmlToWord: EvernoteからエクスポートしたHTMLをWord 文書化にいって緑色のCodeというボタンをおして「Download zip」選んで適当な場所に保存する。適当な場所に展開して青いsみたいなアイコンのやつを右クリックしてショートカットつくってデスクトップにおいておく。どこかのフォルダに保存したhtml文書をつかんでそこにドラッグすると同名のwordファイルにしてくれる(早いパソコンでも数秒かかる。タスクバーに立方体と→のついたマークが出る)。そのあとhtnlをゴミ箱にドラッグ。すっきりする!

 
別にevernoteを介さなくてもhtmlを一括でwordできるだけでとても気持ちいいなこれ。というか以前どうしてもおもしろいページはそうやってローカル保存してたから今回そいつらも一括変換できた。(evernoteもhtml全体をクリップできるからクロームから直接保存シたのと似たようなファイルを扱えないとおかしいわけだ)
でもevernoteを介することによって要らない広告を切り落としたものをwordにできたり、似た文書をあつめてマージしたのちにword化できたりしてより気持ちよくなることがわかった。

あ~きもちいい。ありがとうつくってくれた風柳さん!というか他人の善意におすがりしてないでそろそろこれくらい自分でつくれるようにならないといけないんだろうけど。(セキュリティも心配ではあるし)
ただパソコンに適切に新しめのwordが入ってないと動かないっぽい。つまりevernote単体でdocxファイルを吐かせるようには今後もならないんだろうな。マイクロソフトのケチンボめ。evernoteとかがdocxつくれるようにword買い取ってほしいなとおもった。wordはpdfエクスポートできるようになったのは偉いけど、縦書きもルビも下手くそだしIMEもうんちだし、onedriveに連携させようとするし。縦割り行政はこまったものだ。
↑よくみたら以前にちゃんと購入したATOKのインストーラーとシリアルがHDDのすみっこにあるじゃないですかやったー なんで再インストールしないんだって話



とりあえずローカルはこれでやってみることにした(ただし、エヴァ―ノートの月間利用量は削除でも減るので軽量化はゆっくりやるしかない)
あとデーターベースを最適化はやること!
とにかくなんでもブクマでインデクスもせずローカル保存しておく時代は終わったのだ。
それでもどうしてもローカルでなければならない情報(たとえば自分の個人情報がバレそうな情報とか、私的利用しか許されていないスクショなどの著作物とかシリアル番号とか領収書とか)は適切なインデックスを加えながらエヴァ―ノートに保存するしかない。
 
でも、ツイッターの公的二次利用ができるサービスもある。たとえば、トゥギャッターとか、Pinterest(グーグル社)とか。
とくに画像加工系の自分向けのトゥギャッターつくるとどんどこタイムラプス作画動画とかを蓄積できるわけですよ。

ブクマをコピペするとき、わざわざクロームのブックマークマネージャーひらいて右クリコピーしてエクセルにペーストするとタイトル+リンクになってみやすい
そしてEdgeはurlバーをコピペするだけでタイトルつきになるのでクロームにurlだけうつしたいときめんどくさい

エヴァ―ノートのどこがいいか→プロセッシングがしやすいところ。無愛想なurlにほぼ無限長さの注釈をつけて、並び替えて組織化し、そのままオンライン保存することができる。

他の候補
・紙ノート ←
・ローカル保存(マイドキュメントやマイピクチャなど)←スマホの写真やゲームスクショ
・ローカルブックマーク ←毎日見に行くメアドやジャーナル系のurl
はてなブックマーク ←新聞の社会面記事
はてなブログ ←日記、鍵ブログなどなら個人情報もかける
はてなアノニマスダイアリ←シモネタや体毛や病気の話など個人アカウントとむすびつけられたくないが該当する人には読んでほしいもの
・トゥギャッター ←タイムラプス原稿といった動画ツイートを集められる

・特にエヴァ―ノートになにをいれたいか ← まず複雑な手順の自分向けマニュアル(たとえば確定申告手順、同人誌作成)

たまって困っているデータ、とっておきたいデータ
・地上波アニメ録画したDVD(アマプラ契約するほど暇じゃない。1クールに1本+金ロー分くらいしか増えないが溜まった)
スマホスクショ
・領収書、取説
・読み終わった本(再読可能性はあり買い直すことがしづらい)
現れては消える天才の所業(なんでも本になる世の中じゃないし動画はそもそも本にならない)
・ひとさまのご好意、褒め言葉、感想(親のとった自分の子供のころの写真なども含む)
・忘れておきたい手順
・まだ覚えたくない(今後おいかけるかどうかわからない)知らないサイト名のブクマ